Ryosuke Home Degu Home English version Japanese version

NOTES

どうして、魚竜類がサカナではなく爬虫類だと分かるのか?

魚竜類が爬虫類であることを示す特徴はたくさん有りますが、そのうちの分かりやすいものを幾つか挙げておきます。
魚竜類がサカナではなく四足動物である証拠--サカナでは頭蓋と肩帯がくっついていますが、魚竜を含め四足動物では分かれています。また、魚竜類の鰭脚は、四足動物の四肢と同じ種類の(相同な)骨からなっています。
魚竜類が四足動物の中でも爬虫類であるという証拠--この問いに答えるのは少し危険です。なぜなら、カメ類が双弓類であることが確立すれば、爬虫類(Reptilia)はサウリア(Sauria)と区別がつかなくなり、魚竜類が爬虫類ではなくなる可能性が出てくるからです。そこで、魚竜類が双弓類である証拠、という風に質問をすりかえましょう。魚竜類には頭頂に一対の上側頭窓があり、これは双弓類の特徴です。初期魚竜類ではこの窓にそって鱗状骨と後眼窩骨とが接しており、他の双弓類における状況と酷似しています。

前のページ | 次のページ

Ryosuke Home Degu Home Email the author English version Japanese version

Last updated on November 15, 2000